自然治癒力を高める

自然治癒力を高める

私たちは痛みを感じたり、体の不調を感じたときには、病院にかかり薬を飲むことで、体を元の調子に戻そうとします。しかし元々私たちの体には「自然治癒力」というものがあります。

 

 

 

自分の意識とは関係のないところで、たえず作動し、待機しており、何らかの不調を感じたときには自動的に修復しようとする力を「自然治癒力」といいます。それは生まれながらにして持っている力であり、病や環境に対抗する力であり、体を守ろうとする脳や身体的な免疫システムでもあります。

 

 

 

しかし、体の調子が通常でない場合は、自然治癒力が作動しないことがあります。自然治癒力を弱めてしまう原因としては過度に受けるストレスや生活習慣の乱れ、非規則でバランスの悪い食生活、タバコや飲酒などの体に悪い習慣、冷えなどがあげられます。

 

 

 

自然治癒力が低下してしまうと、ちょっとしたことでもすぐに風邪を引いたり病気や怪我が治りにくかったりします。

 

 

 

整体で骨格をただし、自律神経を正してあげることで自然治癒力を通常の状態へと引き上げることができます。