頚椎ヘルニア

頚椎ヘルニア

ヘルニアと言うと、椎間板ヘルニアが有名ですが、そのほかにも、ヘルニアになる個所があります。頸椎椎間板ヘルニアという病気です。

 

 

 

正式名称はこの名前ですが、多くは、頚椎ヘルニアという言葉で表します。脳が入った思い頭を支える首。首は、たった7個の骨によって支えられています。

 

 

 

しかしこの部分には、人間が生きていくために重要な神経や血管などが複雑に絡み合っていて、この部分に障害があれば、麻痺などを起こしてしまう大切な部分なのです。この大切な部分の首が頚椎ヘルニアになると様々な症状が表れます。

 

 

 

指や腕、肩などのしびれ、このしびれがひどくなると、自分で自分の動きをコントロールすることができなくなったり、体温の低下が起きたりします。また痛みが激しく出るということもあります。

 

 

 

肩こりや腕のコリなどを感じると思っていたら、どんどん悪化し、焼けるように痛い、動かせないというひどい症状になることもあります。またまれに、外部の刺激に反応ができなくなったり、熱い、寒いという感覚がなくなってしまうということもあります。