PNF

PNF

固有受容性神経筋促通法、この略がPNF、proprioceptive neuromuscular facilitationです。なんだか難しい言葉です。リハビリ医学の理学療法手技ということで、確立された方法です。

 

 

 

体には様々な部分に感覚受容器があります。皮膚、器官、筋肉、様々な部分に受容器があり、視覚や聴覚などにも存在しています。

 

 

 

PNFは、これらの感覚受容体をリハビリによって刺激し、神経や筋肉の働きなどを高めていくためのテクニックということになります。リハビリを通じて、人間の体の至るところにある受容体へ刺激を施し、その刺激によって身体機能を高めていくという方法。

 

 

 

これによって、改善が期待される症状としては脳血管障害による神経障害、脳性マヒの運動障害の改善、さらには、筋力の低下や関節の動く範囲を広げたりと、いろいろな改善が期待されるのです。

 

 

 

これらのリハビリを行うことで、痛みを感じたりしますが、その刺激による痛みを我慢してリハビリを行っていくことで、劇的な改善が得られたという方もいます。